学校概要

校長挨拶

ようこそ宮崎県立都城西高校(都西)へ!
ホームページをご覧いただきありがとうございます。

 昨年度4月に着任いたしました校長の 鍋倉 一幸 と申します。本校の第16回卒業生でもあります。どうぞよろしくお願いいたします。
 最近、「家(House)と家庭(Home)との違い」について書かれた文章を目にしました。建物と家具に囲まれ、人々がただ存在しているだけの段階が「家」。そこに何らかの絆が生まれ、家族の在り方というような、独自の価値観を持ち得た状態が「家庭」なのだと。 筆者は、家がそれぞれの家庭へと深化するには、立派な家具やインテリア等ではなく、「心」が吸い込む「場の空気」が重要だと述べています。この「場の空気」を「家風」と呼ぶならば、学校においては「校風」となります。教育とは、生徒の心の内面を、目には見えない「校風」という「場の空気」によって絶えず薫陶していく、地道でかけがえのない営みであり、改めて校風の大切さに思いを致した次第です。
 かけがえのない一人一人を、あらゆる方向から教師が見守り、支援することで、まだ自分でも発見できていない自己の大きな可能性を、自分の力で引き出すことができる。
それが、都城西高校の「校風(場の空気)」であり、そう在りたいと願っています。
 『越えなければならない坂がある。越えなければ見えない風景がある。』
私が大切にしている言葉です。中学生の皆さん、ここ都城西高校で、高校生活という坂を越え、その先に広がっている、自分にしか見えない風景を確かめてみませんか。

都城西高等学校長(第21代) 鍋倉 一幸(令和2年4月1日 着任)

校訓

理想(Ideal)・優雅(Grace)・自主自律(Independence)

教育目標

  • (1) 基本的生活習慣を確立し、明朗で誠実、気迫を備えたけじめある円満な人間性を涵養する。
  • (2) 自発的・積極的な学習態度によって基礎学力を定着させ、学力向上に努める。
  • (3) 学科・類型の特性や生徒の個性に目を向け、一人ひとりに応じたきめ細やかな進路指導を展開することで、生徒の自己実現を図る。
  • (4) 国際化、情報化社会に対応できる資質と教養を育成する。
  • (5) 家庭及び地域との連携を密にし、保護者や地域社会の期待に応え、信頼される学校づくりをする。

学校沿革

昭和37年 4月 1日宮崎県都城市川東町5117番地に都城都島第二高等学校(仮称)として開校
昭和37年12月25日「都城西高等学校」に校名決定
昭和38年 7月15日現在校に移転
平成 7年 4月 1日文科コース新設
平成14年11月 9日創立40周年記念式典を行う
平成16年 4月 1日文科コースを廃して外国語科を新設
平成22年 4月 1日外国語科を廃してフロンティア科を新設
平成24年11月10日創立50周年記念式典挙行

校歌と校章

  • 1 ---------------------

    丘の辺に わきたつ狭霧
    はれゆけば 昇る朝日子
    わかき想い 胸にあふれて
    相つどい ここに歌ふ
    限りなき 自由の賛歌
    栄あり 光あり
    ああ われらが学園
  • 2 ---------------------

    草しきて 明日をかたれば  空あおく めぐる山なみ
    わかきいのち きよらに燃やし眉あげて ここに仰ぐ
    はるかなる 理想のしら雲
    栄あり 光あり
    ああ われらが学園
  • 3 ---------------------

    みはるかす 広野のかなた
    かがやかに 雪の高千穂
    わかきひとみ 気高く澄みて
    自主自律 ここに開く
    新しき 世紀の大道
    栄あり 光あり
    ああ われらが学園

校歌(歌詞あり)

校歌(歌詞なし)

校章

校章は全体から見れば日月相照らす相をかたどったものである。
金色の二弧は太陽を、その全弧を二分した形で表したもので、理想を象徴し、銀色の部分は新月の優雅さを表す。
また金銀の両弧が形成する緑線は上下相対する二つのM字をなし、当都城を象徴する。